How to 発注

adNoteでは、豊富な音楽知識、作曲技術は元より
音信号処理・分析技術、音響心理学、サウンドエンジニアリングの知見を元に、
もっと「届く音」をデザインします。


業務内容

音楽・効果音制作のみでなく、音のアプリケーション開発、調査研究など、
あらゆるニーズに「音」で応えます。

・音楽制作(CM、映画、ゲーム音楽等)

音楽、効果音、環境音、ナレーションなど、作品中の「音」をトータルに制作可能。
録音やMA現場における音響監督(注)も承ります。
(注)
効果的なナレーションの読み上げ、最適な音量バランス、楽器録音の調整など、
音に関する検討事項に関して、クリエイティブ・監督の意思決定を補佐いたします。

・音の開発、研究

特殊な音再生機器の音響特性の分析、最適な音の開発、特殊な環境での録音ノウハウの提供など、音に関するコンサルティング、研究開発を行います。

事例:Dear My Space

某自動車部品メーカー様と共同で超指向性スピーカーの音響特性を研究し、
明瞭で意味が伝わりやすいナレーションの録音・信号処理手法を開発しました。

事例:音声プレゼンテーション用アプリケーション

予めラップトップ上に用意された音声データを、シンプルな操作で再生するツール。
スマートフォン上の操作をUDP通信によってラップトップアプリに伝達。

事例:インドの子供たちの歌

インドの田舎の村で、現地の子供たちの合唱を録音。
村で親しまれている楽曲と、その歌詞の意味の調査、
限られた条件下で録音可能な機器や手法のコンサルティング、
録音データの加工及び編曲を担当。

adNoteに「音」を発注すると?

(1)企画
音の専門知識が無くても大丈夫です。
何を表現したいか、何をアピールしたいかなど、
adNoteが「音」の素材となる言葉を引き出し、イメージを共有します。

(2)立案
企画の実現に向けて楽曲の構成・楽器編成・音響録音技術・ソフトウェア開発などあらゆる手法を提案。
実際の音を一緒に聴きながら方向性を決定します。

(3)制作
作曲・編曲・プロの音楽家の手配・録音・音響処理・研究開発を経て、
「音」を制作し、納品します。

業務内容に関する相談、見積もりの依頼等ございましたら、
まずは下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。